• 2020年5月2日
  • 2021年5月5日

仕事を辞めて勉強したい!生活費の心配せずにキャリアチェンジする方法

入社したら思ってたのと違った! 自分がやりたかったことと程遠いし、キャリアが積める気がしない もっと勉強したいことがあるけど、働かないと生活できないし…   仕事辞めて勉強したいのに、生活のために働かなきゃいけないから、泣く泣く夢を諦めて今の仕事を続けてる人にだけ知っておいて欲しいんですが、   社会人でも、2年ちょっと、働くことを休んで勉強に打ち込むために利用できる公的なサービスがあります。   […]

  • 2021年4月18日
  • 2021年4月18日

韓国語の勉強にオススメ!韓国デザインのかわいいノート&文具ショップ一覧

今はもはや当たり前の話ですが、最先端のデザイン、エンタメを生み出し続ける韓国の雑貨・文房具は凄まじくかわいい! やはりそこには韓国の厳しい受験競争も影響しているのかもしれません。 連日朝早くから夜遅くまで費やす勉強時間を少しでも快適に楽しく過ごすためのアイテムとしても役に立つお気に入りのノートや文房具。 韓国語の勉強をさらに楽しく盛り上げていく『オール韓国発の文房具・雑貨ブランド』をご紹介します! […]

  • 2020年11月15日
  • 2021年1月18日

やりたいことを100個見つけるのに使った負の力

どーも、手帳で人生を模索中の丸ゴリ(@maru19840229)です。 前回の記事では『やりたいことを100個書き出す』というワークをやってみました。   これによって自分自身で人生の目標、 いわば船乗りの航海における 「危険な荒波を超えてまで探しに行くお宝はいったいなんなのか?」 という部分をハッキリさせることにつながるなぁと思ったんです。   ただこのやりたいこと100個出 […]

  • 2020年11月9日
  • 2021年1月18日

手作りで逆算手帳!やりたいこと100個書き出してみた

どーも、人生の航路を再設定中の丸ゴリ(@maru19840229)です。   コチラの記事でも書いた通り、「人生も地図や目的地がハッキリしないとダメでしょ」ってことで早速、手帳を使って人生の地図を書く作業に着手いたしました。   ここで参考にしたのが『逆算手帳の習慣――ふわふわした夢を現実に変える』   こちらの本の中で推奨されている「やりたいこと100個出しワーク」 […]

  • 2020年11月1日
  • 2021年1月18日

人は無限に頑張ることはできない

  どーも、人生再設計中の丸ゴリです。 ちょっとおおげさですかね?   最近は手帳を前にウンウン唸ることも多く、その中で今までのことも振り返って反省してみたり。 その中でも重要案件として浮かび上がってきたのがコレ。     なぜ「やろう」と決めたことはことごとくうまくいかないのか。     これについてなんとなく答えが出てきたので書いてお […]

  • 2020年10月26日
  • 2021年1月18日

「するべき自分」と「あるべき自分」に折り合いをつける

こんにちは、丸ゴリです。   手帳を前にウンウンにらめっこを続けているんですけど、 自分でスケジュールを決めて、人生を充実させていくうえでどう考えても 「2つの視点で物事を見ないとうまくいかないかなぁ」 こんなようなことを考えるに至りました。   どうするべきか どうあるべきか   この2つの視点から問いかけて、自分が向かう方向性や、直近のスケジュールなんかを組んでい […]

  • 2020年10月22日
  • 2021年1月18日

「人生は冒険だ。地図は無いけれど…」っておかしくない?

  僕はディズニーがけっこう好きな方でして。 子供のころから家が舞浜に近いこともあり、おそらく一年に一度もディズニーリゾート(ランドにしろシーにしろ)訪れない年はなかったと思います。   ディズニーシーに対する違和感   パークの中でもお気に入りのアトラクションの一つに『シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ』というボートに乗るアトラクションがあります。   このアトラクション内で流れる歌『C […]

  • 2020年10月17日
  • 2021年1月18日

手帳で夢を叶える以前に手帳を書き続けること自体が難しくはなかろうか?

どーも、自己啓発本以外の読書をしたことがないほどの意識だけは高い系オジサンの筆頭株・丸ゴリです。 20代の頃は自己投資のお題目の元で色々な本を読み、それこそ『世界標準の教養レベル』なんてものまで身に着けようと躍起になっていたこともあります。 しかし、もはや30代後半になるというのに未だにその投資に見合うリターンを回収できる見込みがございません!   そもそも自分は何がしたかったんだっけ? […]