仕事を辞めて勉強したい!生活費の心配せずにキャリアチェンジする方法

入社したら思ってたのと違った!

自分がやりたかったことと程遠いし、キャリアが積める気がしない

もっと勉強したいことがあるけど、働かないと生活できないし…

 

仕事辞めて勉強したいのに、生活のために働かなきゃいけないから、泣く泣く夢を諦めて今の仕事を続けてる人にだけ知っておいて欲しいんですが、

 

社会人でも、2年ちょっと、働くことを休んで勉強に打ち込むために利用できる公的なサービスがあります。

 

しかし、この制度。日本で働く人のうちの23.8%、4人に1人の人が利用できるのに、実際に利用している人は0.5%…、200人に1人しかいないんです。

 

なぜか?

 

それは『知らない』からです。

 

民間のサービスと違い、年金にしろ節税にしろ、公的な社会サービスは自ら動かないとその恩恵を受けることはできません。

こんな人におすすめ
  • 就職したけどもう一度学校に入って学び直したい人
  • 一度しっかり休んで自分の人生を見つめなおしたい人
この記事でわかること
  • 勉強をしている期間、生活費の心配をせずに済む方法
  • 今の会社を通さずに手続きが難しい社会保障の申請を済ませるやり方

「本当はやりたいことがあるのに、仕事辞められないしなぁ…」と悶々と何年も考え込んでしまっている人に、ぜひおすすめします。

仕事を辞めて勉強する期間、最長28ヶ月に渡って生活費が支給される制度

仕事を辞めた後に国からもらえる給付金は失業手当だけじゃない

何らかの理由で仕事を辞めた後にハローワークに行くと、『失業手当』がもらえるのはほとんどの方が知っていると思います。

 

佐藤クン
アレですよね、会社都合で辞めさせられた場合はすぐに支給されて、自分から辞めた場合は3ヶ月待たされるやつですよね。

 

しかし、18ヶ月にわたって給料の65%が受け取れる社会保険給付金について知っている方はほとんどいないのではないでしょうか?

佐藤クン
そんなに受け取れる対象者の少ない制度なんですか?
丸ゴリ
実はそんなことないんだよ
丸ゴリ
なんなら僕も佐藤くんも当たり前に利用できる制度なんだよ

 

1600万人がもらえるのに実際にもらっているのは9万人しかいない給付金

日本の労働者数はおよそ6700万人、

その中でこの給付金をもらう資格のある人はなんと、1600万人もいるというんですね。

でもさらに驚くことに、実際の受給者は9万人ほどしかいない。

佐藤クン
えー!もったいなー!

 

これには役所関係の手続きの難しさや、そもそもあまり知られていないっていう部分が関係しています。

佐藤クン
実際、僕も今初めて知りました…。

 

ほとんどの人が当てはまる!受給資格チェック

社会保険給付金の受給資格はコレ!
  1. 社会保険に1年以上加入している
  2. 退職していない、もしくは退職日まで2週間以上の猶予がある

この2つを満たしていればOK。

佐藤クン
これってほとんどの社会人が当てはまりますよね?

この制度はなにも特別な人に向けたものではなく、キチンと真面目に働いて毎月の給料からけっして少なくない金額の『社会保険料』を納めている人なら誰でももらう権利がある制度なんです。

 

具体的にいくらぐらいの給付金がもらえるのか?

丸ゴリ
佐藤クンの今いくらぐらい給料もらってるの?
佐藤クン
え?いやぁ、あんまり言いたくないですけど、30万ぐらいですかね。
丸ゴリ
で、そっから社会保険料とかもろもろ引かれて25万ぐらいか。
佐藤クン
まぁそんなとこですね

この制度では毎月の総支給額の65%がもらえることになっていますから、シミュレーションするとこんな感じになります。

佐藤クン
え!そんなに!

 

自己都合の場合の失業手当は最大で180万円までと決められているから18万だとするとおよそ10ヶ月間は支給される計算です。

 

勉強するために今の仕事を辞める時のポイント

佐藤クン
実は僕の後輩の女の子がこの前上司にこっぴどく怒られてからメンタル的にやられちゃったみたいで…
佐藤クン
本人は頑張って出社してるんですけど、一日中浮かない顔をしてて心配なんですよね。
丸ゴリ
うむうむ…
佐藤クン
それで気晴らしになるかと思って飲みに誘った時に色々聞いたんですけど、ホントは今の仕事辞めて、もっと他に勉強したいことがあるみたいなんです。
佐藤クン
実は自分の夢のために貯金もしててなんとか学費分ぐらいは貯まったそうなんですけど…
佐藤クン
仕事を辞めたら生活費のためにバイトしなきゃならないし、昼は学校行って、深夜までアルバイトなんて、正直身がもたないから諦めてるって言うんですよ。
丸ゴリ
なんだか、もったいない話だね。
佐藤クン
そうなんです!お昼代を節約するために毎日お弁当作ってきてたりしてて、すごくいい子なんです!
丸ゴリ
あ、佐藤くん、その子のこと好きなんだ。
佐藤クン
べべべべべつに、す、好きじゃねぃし!

 

勉強している間の生活資金を受け取るために最も必要なこと

この社会保険給付金は具体的には、社会保険の中の『傷病手当』として支払われます。

この給付を受ける時に最も大切な心構えが

 

自分を大事に考えることです。

 

この社会保険というのは『保険料を納めている人に何かがあった場合の救済』という目的で納めているお金です。

ほとんどの人は

  • 死んでしまった
  • 大きな怪我や病気をして働けなくなってしまった
  • 仕事が急になくなった
  • 年老いて思うように身体が動かなくなった

こういった場合にしか受給できないものと考えがちです。

しかし、実はちょっとしたメンタル的な不調であっても、傷病手当の対象に入る場合が多いんです。

  • 朝起きられない
  • 上司に会いたくない
  • 会社に行くのがつらい
  • 休日を楽しめない

こういったことは充分、精神科のお医者さんの診療対象になり、診断書も発行されます。

佐藤クン
それだと日本人のほとんどは精神疾患ってことになっちゃいません?
丸ゴリ
そう、実は日本人の8割は程度の大小はあるにせよ、なにかしらの精神的なトラブルを抱えていると言われているよ。

 

それだけ多くの人が精神的につらい思いをしているのに、ほとんどの人が自分でなんとかしようとしてしまう。

今の仕事が自分には合っていないと感じていても無理して続けて本当に身体を壊してしまったり、せっかく払った社会保険の恩恵も受けられずに掛け捨てにしてしまったり。

だからこそまずは『自分を大事にする気持ち』が大切なんです。

佐藤クン
傷ついたらゆっくり休んで良かったんですね。

 

勉強したい大人を支える社会保険給付金の受け取り方

社会保険給付金の傷病手当を受給するにはこちらの書類を提出することで申請します。

健康保険傷病手当金支給申請書

また、申請の詳しい方法などはこちらの全国健康保険協会のホームページでで細かく知ることができます。

健康保険ガイド

 

しかし、実物を目の前にしてみるとなかなか難しそうですよね。

佐藤クン
ぶっちゃけ「給付する気ある?」って思っちゃいました。
丸ゴリ
実はそれも給付を受ける人が少ない原因の一つなんだよね。

 

支給申請を今勤めている会社を通してやらなきゃいけないってのも、普通だったら気が引けてできないですよね。

そんな風に泣き寝入りしてしまう人を減らすための画期的な民間のサービスがあります。

 

給付金サポート

自分に受す資格がある公的な給付金も、難しい申請方法に尻込みして受け取れないなんてもったいなさすぎますよね。

『退職のプロ』に事前に相談すれば

 

3ヶ月程度、金額にして数十万円の公的サポート

28ヶ月、数百万円の潤沢なサポート

 

退職コンシェルジュのサービスを利用して手数料を引かれたとしても、自分一人じゃ申請も出来ずに受け取れないんだったらプロに相談してより多くの補償を受け取った方がいいですね。

給付金サポートはこちらから

毎月支払っている社会保険料から給与の60~65%、最大28ケ月間のサポートが受けられる『退職コンシェルジュ』の給付金サポート

 

 

 

 

海外では大人になってから復学するのなんて当たり前

社会福祉が充実していることで有名な北欧では、大人が社会人生活を経てから再度、大学に入り直すなんて当たり前の話です。

高等教育の将来構想に関する参考資料より

 

肝心の学費に関しても国公立の大学などで学ぶための学費は、国費で賄われるので、国民が勉強するのにお金がかかるという考えがそもそもありません。

※留学生に関しては別。

それは国民が高度な知識を持ち、生産性を高めればそれだけ経済的な国力が上がり豊かになれるという考え方が根付いているためです。

佐藤クン
学びは自分や家族だけでなく、全体を豊かにすることにもなるんですね。

 

特にスウェーデンでは『ライフパズル』という考えが根付いています。

ライフパズルとは

人生もキャリアも状況変化やタイミングに応じて、様々な選択肢のピースを柔軟に組み上げていくパズルのようなもの、とする考え方

 

色んなことを学んでいくことはパズルのピースを増やしていくのに似ています。

人生をより良く、柔軟に生きていくにはパズルのピースは多い方が有利なのは言うまでもありません。

給付金サポートはこちらから

国からの援助を受けてより良いライフプランへステップアップするなら『退職コンシェルジュ』の給付金サポート

 

 

 

 

1年に何十万も払っているのにサービスの利用しない方がおかしい

 

丸ゴリ
佐藤くんのお給料は総支給額で月に30万、年間だと360万だったよね?

 

佐藤クン
そうですね、それにボーナスが大体年に2回、合計で60万ぐらいですね。

 

丸ゴリ
そうすると年間に支払っている社会保険料は60万円ぐらいだね。

 

  • 420万円×14.4%=60.48万円

 

佐藤クン
げー!そんなに引かれてるのかぁ…。

 

毎月の給料から天引きされる『社会保険料』

将来、年金を受け取るための掛け金だったり、病院にかかった時に自己負担額を下げるための保険料という名目で支払っているお金です。

 

佐藤クン
でも僕、何でか風邪ひかないので、ここ数年一回も病院行ってないんですよね。

 

丸ゴリ
お、おう…。

 

考えてもみてください。

何も利用しないサービスに年間60万円も払うことってあります?

 

例えば、女性にとって痛い出費ではあるけれど夏前は特にやっておきたい全身脱毛。

60万円も支払って毛の一本も抜いてくれないなんてことあり得ませんよね?

 

もしくは憧れの本場アメリカのディズニー。

60万円のツアー代を支払ったのに、フロリダのウォルトディズニーワールドの門の前まで行って帰らされるなんてことされたら、もはやツアー客は何をしでかすかわかりません。

 

佐藤クン
丸ゴリさん、ディズニー好きですもんね。

 

1年以上、社会人として真面目に働いた上に、本来であれば自分の好きに使える大金を公的なサービスのために支払っている。

それなのに、いざ自分がツライ時に使うのをためらうなんていうのは、ハッキリ言っておかしいです。

 

佐藤クン
10年勤めてたら600万円ですもんねー。

 

自分が身を削って支払った社会保険料によって受給できる正当な給付ですから、頑張ったご褒美として堂々と受け取って、自分の次のステップに活かしましょう。

給付金サポートはこちらから

これまで払ってきた社会保険料で「本当はこうなりたい!」への一歩を踏み出すなら『退職コンシェルジュ』の給付金サポート

 

 

 

 

心が風邪をひいても病院に行かない日本人

この社会保険給付金を受け取るためには「精神的な疾患の治療中」ということで病院に通うことになるわけですが、中にはそれすらためらってしまう人もいるかもしれません。

 

佐藤クン
確かに。風邪のように気軽には行かないですね。(僕は風邪もひかないけど)

 

精神疾患というのは心の病です。

心は目にも見えず、触れもしないことからないがしろにされがち。

でもそうやってツライと感じている自分を大事にできないことがもはやメンタルの不調です。

自信満々に「私、精神疾患なんです!」なんて風に病院を訪れるひとは精神疾患ではありません(笑)

 

  • 終電で帰ってきた部屋でコンビニ弁当置いた瞬間、涙が止まらなくなる
  • 毎週日曜日の朝から次の日の出勤が憂鬱で、休日を楽しめない
  • 店や会社からの呼び出しが怖くて電話のことばかり気になる

 

ツライ気持ちを話す相手がどんどん減っている現代だからこそ、精神科のお医者さんがいるわけで、

「ツライ」って弱音を吐いていい専門家がこの世の中にいるのに頼りにしない方がもったいないですよ。

特に女性は男性よりも力が弱いことをいいことに、無礼で理不尽な扱いを受けることも多く、どうしたって不安にさらされることが多いですから男性よりも精神的に疲れてしまうのは当たり前。

家族や友人、恋人など支えになってくれる人が身近にいればいいですが、なかなかそうもいかず、一人暮らしの部屋でツライ気持ちを押し殺して毎日自分に鞭打ってる人も多いです。

もし、今の自分が「こんなの違うな」と感じているのなら、この給付金サポートが人生を仕切り直すチャンスです。

給付金サポートはこちらから

なんでも一人で頑張り過ぎてしまう自分を辞めて、ゆっくり再スタートを切るなら『退職コンシェルジュ』の給付金サポート

 

 

 

最新情報をチェックしよう!