自信がない人こそ登録しておきたいサポート付き転職サイトTOP3




内気な人がサポート付き転職サイトを利用する時のコツ

本気で転職したいと思うまで登録しない

エージェントが付くタイプの転職サイトに気軽に登録することはおすすめしません。

転職エージェントのサポートを利用するにはまず各営業所でエージェントとキャリアサポートという形で面談をしなければなりません。

そこで今までの職歴や、転職先に求めることなどをヒアリングしていきます。

つまり本格的な転職活動のスタートになるわけです。

今すぐ転職というわけではないけれど、どんな求人が出ているのか見てみたいという場合は『リクナビNEXT』などのエージェントからの紹介無しの検索型求人サイトを利用してみることをおすすめします。

見ているうちに転職先の方が自分がイキイキと働いている姿が想像できてしまったら、

エージェントサービス付きの提案型(リクナビであればリクルートエージェント)に登録し直して、本格的に転職活動を進めていくのもいいと思います。

転職する方法の一つでしかないことを忘れない

内気な人向けの転職の方法は転職サイト以外にもあるんです。

内気な人が転職を成功させる方法は、なにも『転職エージェントに紹介を受けること』だけではありません。

転職する方法は大きく分けて5つの方法があります。

5つの転職方法

  1. ヘッドハンティングされる
  2. 転職サイトに登録してエージェントから紹介を受ける
  3. ダイレクトリクルーティング型のサービスを使う
  4. SNSなどを利用する
  5. 直接応募、または友人からの紹介

この中で転職エージェントを利用する以外に内気な人におすすめなのが、❸ダイレクトリクルーティング型のサイトに登録しておくこと、そして❹SNSを利用した採用活動に力を入れている企業をあたることです。

ある意味で自分から自分の売り込みをかける転職サイトからの応募と違って❸のダイレクトリクルーティングは完全に待ちの転職方法になりますので、書類選考が楽になるというメリットがあります。

❹のSNSに関してもいきなり応募するのではなく、お互いの価値観を確認しあって徐々に関心を深めていくという、良い恋愛のような(笑)やり方なので応募後や転職後のミスマッチが起こりにくいというのも魅力的です。

最近では企業の採用も「なんとかいい人に来てもらう」ことを必死にやらないと人材の確保が難しくなってきています。

柔軟で新しい働き方を模索しているような人にはおすすめの転職活動方法です。

転職サイト側も商売だということを意識しておく

転職を考えている佐藤くん
無料でこんなに良くしてくれてるから、興味のない企業だけど受けた方がいいかな。。。

 

これは最悪です。転職はあくまでもあなたが主体、自分のために行動すべきです。

 

『返報性の法則』をご存知でしょうか?

人間には何かをしてもらったらお返ししないと気持ちが悪いという性質があります。

それを逆手にとって無料でちょっとしたものを渡すことで無理やり返報性の法則を働かせて高額な契約のセールストークを聞かせたりしてくるものです。

ウォーターサーバーの会社が風船配ってたりするアレです。

気の強い人は最初から断ったり、風船だけもらったり(笑)出来ますが、内気な人こそついつい相手のことを考えて術中にはまってしまいがちです。

特に不安な転職活動の中では頼りがいのある転職エージェントに『依存』してしまいかねません。

しかし相手も仕事、商売です。

一般的に転職サイト経由で企業が紹介を受け、採用が成立した場合は企業から転職サイト側へ紹介した人材の想定年収の30%が支払われます。

400万円の年収の人材を一人紹介するだけで転職サイト側へは120万円ほどの『利用料金』が支払われるということです。

だからこそ転職を希望する側は色々なサービスを無料で利用できるんですね。

転職エージェントにも営業ノルマがあるわけでそこを考えずに、「こんなに良くしてくれて、なんていい人なんだ」というのは間違っています。

転職エージェントに気持ちよくいい案件を紹介してもらえる関係を築くことは大切ですが、向こうの顔色を伺う必要はありません。

紹介される案件を受けるか、受けないかは自分の今後のキャリアが良くなることを中心に決めましょう。

転職サイトで選ぶのではなくエージェントとの相性で選ぶ

誰と走るかはあなたが決めていいんです。

肝心なのはどのサイトを使うかではなく、どんなエージェントにサポートしてもらえるかです。

転職サポートは結局のところ人と人が話し合うところから始まります。

 

たくさんの紹介実績があるエース級の転職エージェントがあなたに合わないこともあるでしょうし、

経験の浅い新米エージェントでもあなたとフィーリングが合って何でも相談でき、その結果良い職場に巡り会うこともあるでしょう。

ですからまずは気兼ねせずに、色んな会社の転職エージェントと面談してみて、自分と波長の合う、話しやすい人を見つけるところから始めましょう。

自分にとって不愉快な転職エージェントに対しては転職サイト側に担当の変更を希望したり、利用することを辞めるのもあなたの自由です。

あなたのことを企業に紹介し、転職が成立することは転職サイト、転職エージェント側にとって大きな金銭的メリットがありますから、転職における希望や自分の弱み、職歴のコンプレックスには正直になるべきです。

 

転職サイト専属ではない『転職のプロフェッショナル』を直接指名して選べるサービスに『人材バンクネットといったものもあります。

過去の紹介実績、得意分野を見ながら「この人に転職サポートをお願いしたい」という選び方ができる転職サイトごとの垣根をなくしたユニークなサービスです。

行きたい業界が決まっているけど、ニッチ過ぎてなかなか良い求人を紹介してもらえない

こんな方はその業界に精通した転職エージェントを探してお願いしてみるのもおすすめです。

 










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。