レジ打ちがなくなるのも時間の問題ですよって話




 

レジ打ちがなくなるのも当然な小売りの現場の実情

先日、JR千葉駅のパン屋に立ち寄った時に衝撃的な光景を目にしました。

 

トレーに乗ったパンを画像認識で瞬時に読み取って会計してたんです。

 

これにはアタシャもうびっくりしました。

「あ、ついに来たな」って思いました。

そこのお店では金銭のやり取りこそまだ人間の手でやっていましたが、セルフレジの導入も時間の問題でしょうね。

だってそうしたら今までパートの人一人にかかる1か月の人件費分、売り上げが上がるってことですもん。

1か月のパートの給料8万円 ÷ パンの単価200円 = 400個

パン400個作って売るだけの労働力やコストを他に回せるってことです。

 

初期投資費用はそれなりにかかりそうですが、ただでさえ労働人口が減って人を雇うのに苦労しているのが小売りの現場ですから、経営者層もレジ打ちを自動化させる方向に動くのはすごく早いんですよね。

小売りの現場で働いていても、それはヒシヒシと感じます。

どの会社もレジ打ちの自動化に舵を切れば、それだけコストも下がってきますからこの流れはより加速していくでしょうね。

レジ打ちしかできない人に近い将来待っている末路

レジ打ち なくなる

「誰にでもできる簡単な仕事」を企業努力と技術革新により削減していった結果溢れる、

膨大な数の「簡単なことしかできない人間」の雇用をどうするんでしょう?

 

時代の流れに合わせてロボットエンジニアや、プログラマーとして自己研鑽を積めるいわゆる「意識高い系」側のビジネスパーソンは生きていけるでしょう。

しかし世の中の大多数は「早く定時になんないかなー」と時計を眺めるのが主な業務というまったりとした人たちです。

人件費削減と効率化の名のもと、徐々に企業が雇用する人数を減らしてきたという流れはありますが、それは余裕があるならいた方がいいけど、利益を出すためにカットしてきた部分なわけで現場の人間を減らしすぎたツケがワンオペ、ブラック企業なんて形で表出しています。

 

ですがAI搭載のロボットがもたらす激変はそんな生易しいものではないはずです。

 

ロボット以下の働きしかできない人間はマジで要らない

 

そういう線が引かれるはずです。

 

キツイ仕事、つらい仕事とはわかっているけれど頑張って耐えれば給料がもらえという収入の得方、そのものが無くなるということです。

大手チェーンの募集する近所のバイトが無くなるということです。

「実力がないのが悪い」

「自己責任」

今でもこういった弱肉強食はまかり通っていますが、それでも「だったらパートでもやれば」という逃げ道はありました。

しかし、そこを企業が設備として導入していくロボットに奪われていけば、パートに出たくても募集そのものがない、という社会になります。

 

こういった現実にいち早く気付いて、実際に将来の働き方に危機感を持っている人たちほどすでに動いています。

↓残業付きの激務や、子育てに追われながらもコツコツと勉強を続けている人たちの一例。

自分の時間がない 主婦 英語勉強

【TOEIC600点】自分の時間がない主婦が毎日2時間の英語勉強を3ヶ月間続けられた秘訣

2019年9月16日
弁護士事務所 行政書士 未経験 30代 女性

弁護士事務所1年目で行政書士合格を目指す30代女性の勉強法

2019年9月9日
40代 FP2級 独学

FP2級を3か月・独学で合格した40代独身女性の勉強法

2019年8月26日

仕事を辞めて韓国語初心者から1年で語学留学を実現したOLさんの話

2019年1月29日

【育児中のママに学ぶ】続かない英語勉強をipad proで楽しむ

2019年1月16日

 

合わせて読みたい

社会人になってから勉強を続けている人に女性が圧倒的に多いのは、女性には『キャリアの谷』が待ち受けているからです。

ストレ ートに言うなら、女性は出産をする前に、専門性を身につけないと、その後のキャリアの幅が狭くなるからだ。残酷だが、この国では子どもを育てながら新しい『専門性 』を身につけるのが難しすぎる。だから、もし女性が、家庭と仕事をずっと両立させたいなら、 20代こそ専門性で会社を選んだほうがいい。

出典元:『このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法』

レジ打ちや小売りのパートタイマーなどの単純労働に就いている人ほど早いうちから意識しておかなければ取り返しのつかないことになる『自分の市場価値』について詳しく述べた記事はこちらです。

自分の市場価値ってそもそも何のこと?【スキルの調べ方や高める方法】

2018年12月29日

レジ打ちがなくなることで違う可能性も見えてくる

ロボット導入を進めた企業にはあえて法人税率を上げて、それをNPOへの補助金へ回せば、

「儲かりそうにないけど、ロボットにはできないし、誰かがやってくれたら嬉しい」

そんな仕事でキチンと賃金がもらえる社会になるかもしれないですね。

 

ビジネスでガリガリ金を稼いでる人も、金を稼ぐ力が弱い人も共通で使う「公共」への投資が企業へのロボットの参入、労働の代替によって進む結果になればロボットに雇用を奪われることにも価値があるかもしれないですね。

 

ただ問題はAIが学習してしまうので「ロボットにはできないこと」の範囲が驚異的なスピードで狭まりそうなので、そうなった場合は「ビジネスにもなりにくくて、かつ、ロボットにはできないこと」を発想するというメチャ優秀なやわらか頭脳の人間が組織に必要になるわけで、そうなるとそれは既にビジネスになるぐらい価値があることなので別に非営利にならないわけで、そうすると効率化のためにロボット開発に投資していく流れになって…

 

もう何言ってんだかメチャクチャ\(^o^)/

 

ここからの100年は一個人としても、政治や経済の分野でもロボットとのイタチごっこになるかもですね

どんどん人間に近づいていくロボットや人工知能と人間の線引きを考えさせられる面白い映画を上げときますので、秋の夜長にいかがですか?










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。