残業代を当てにするのを思い切って辞めたら楽して稼げるようになった

小売りの手取りって少ないですよね。

最近も手取り14万云々の話でホリエモンが炎上気味に取り上げられたり。

まぁ、さすかに14万ってのはそもそもその仕事を続けてる方にも問題あるんじゃないの?って感じもしますが。

基本給が少ない分を埋め合わせるために、残業をしてるっていう人は決して少なくないはずです。

僕も以前はそんな感じでした。

でも残業までする時間があったらせめてその分ぐらいは「自分に収益が回ってくるシステム」に種まきしないと、いつまでも養分のままですよ。

30歳過ぎてまで残業したくないのに手取り目当てに残業してるのは本当にヤバい

「残業は悪だ」という風潮が最近になって一般化してきた感がありますが、働き方改革でなかば会社の方から強制的に帰らされるようになると一部のサラリーマンからは「稼げない」「帰ってもやることない」などの声も聞こえてくるようになりました。

確かに、残業をすることにはメリットもあると思います。

残業をすることのメリット
  • すぐに手取額が増えて稼いでる感覚が得やすい
  • 職場での貢献度が見えやすく、上司に評価されやすい
  • 仕事そのものに慣れてくるので、同じ仕事も短い時間で簡単にこなせるようになる(早くやるかどうかは別として)

こういったことを鑑みれば、20代前半とか、転職したてとかであればまずは量をこなすという意味で残業をしてでも仕事を進める、終わらせるというのは悪くないと思います。

しかし、ある程度同じ職場、職種でキャリアを積んでいるビジネスパーソンが30歳過ぎても残業代目当てで残業してたり、もしくは、やらされ仕事で残業させられてるのはかなり危険信号と言えます。

それはなぜか?

残業代目当てってのは他の誰かが稼げる仕組みを借りてる状態

残業もそうですが、雇われてる状態そのものが見方によっては、誰かか作った儲けの仕組みに乗っけてもらって自分も稼がせてもらってるとも言えます。

もちろん、新卒の全員がいきなり起業して、自分でそこまで仕組みを作る必要もありません。

しかし、20代のうちに『自分に収益か回ってくる仕組み』を作ることをせずに、そのままの残業代目当ての稼ぎ方で30代を迎えること、この依存体質が染みついてることが激ヤバです。

何か1つのものに依存しないと自分は生きていけないんだと思い知らされるのは自己肯定感削ぎ落されますからね。

自分の成果を誰がピンはねする仕組みに依存し続けないとならないモヤモヤは酒を飲んで愚痴を吐けば一時的には解消されますが、翌朝にはちゃんとあなたの枕元に帰ってきます。

この記事でも述べていますが、中年期のモチベーションの低下というのは早めに手をつけないと下がりきってから何とかしようとするとかなり厳しいものがありますし。

20代ならまだしも、30代になってもまだ20代の頃と同じように時間が無限にあるつもりで、体力まかせの時間の切り売りで稼ぐスタイルを続けているとしたら、どんどん目減りしていくものに依存しているわけですから、これから先どんどん厳しくなっていくことは自明の理ということになります。

[kanren postid=”26″]

僕が残業辞めた代わりにやったもの

そんな残業代目当ての稼ぎ方に疑問を覚えた僕がやったこと、それは残業につぎ込んでる時間や体力を自分にお金が落ちる仕組みを作るために使うことでした。

それがこういったブログです。

具体的に何をどうやってるかの話は長くなり過ぎるので興味のある方は是非こちらの記事をご参照ください。

残業につぎ込んでいる時間や体力を『手持ちのリソース』と考え、それをどう自分に利益が落ちる仕組みを形にしていくか?

それを客観的に考えると、ただでさえ少ない自分のリソースを契約している時間を超えてまで『他社に』使われるのは死活問題だったんですよね

もちろんはじめは収益なんてあるはずもなく、最初の頃は時給0円です。

むしろ、ノートパソコン買ったり、ノウハウを手に入れるのにテキストや有料のnoteなんかを買う、まぁベタですが自己投資をしましたからむしろマイナスですよね。

[aside type=”normal”]自己投資金額、計算してみた

自分が今までどれぐらいの金額、有料noteを買い込んできたのか気になって調べてみたら約3年で44.100円でした。

今でも役に立っているもの、インフルエンサーの養分にされたものw、いろいろありますがリターンを考えたら「そんなに大した金額でもなかったな」というのが率直な感想です。

[/aside]

そんな状態にもめげず、というか半ば意地になって続けていたら数円、数十円という収益がちょっとずつ作れるようになってきた感じです。

こう聞くと「いや、やっぱ残業して稼いだ方がまだマシじゃん!」と思うかもしれませんが、収益よりも先に得られたリターンとして、そのまま仕事を続けていたら身に付かなかったであろうスキルがあります。

残業を辞めてから身についたスキル
  • レンタルサーバーによるブログの立ち上げ&運営
  • ブログデザインや、簡単なCSSの理解
  • AdobeのIllustratorを使ったアイキャッチや図解の作成
  • マーケティングを考えて行動するクセ
  • webライティング&コピーライティング

特に「人に読んでもらう文章を書く」というライティングのスキルに関しては自分でも「すごく書くのが楽になった」と感じています。

別ブログ『silent GARAGE』の初期の記事なんかを見てもらえればわかりますが、最初の頃とか30過ぎたおっさんがキャーキャー騒いでるだけですからねw

もちろん始める前に「こういうスキルが身に付くはずだ」なんて予想していませんでした。

そもそも人に雇われて、残業代を当てにして仕事している時点で頭なんか使ってないですから、そんな予想もできませんけどね。

最初は『時給0円、むしろマイナス』だったわけですが、2~3年もすると2~30時間分の残業代が毎月勝手に入ってくるようになりました。

残業を辞めたおかげで、残業代を目当てに働かなくてもよくなった、というわけです。

僕は完全に独力で無理やりここまで漕ぎつけた感じなので時間もかかりましたが、流行りの『オンラインサロン』なんかできちんとフィードバックをもらって、道筋をつけてもらってる人なんかは半年~1年ぐらいで形になってますね。

残業辞めて『断業』しよう

もしあなたが責任ある立場で、やりきらないといけない仕事を終わらせるために残業しているんだという自負があるのなら残業するのは構わないと思います。

でももしそうではなく、さっさと終わらせられる仕事を間延びさせて、少しでも長い時間職場にいることで来月の手取り金額を増やそうとしているのなら、どこかでそのループを辞める決断をするべきです。

残業代は『時給×1.25』で支払われるのが一般的で、いつもより多くもらえるから「ヨッシャ!ラッキー!」ぐらい思ってしまいそうですが、逆ですよ。

安すぎると考えるべきです。

「そんな安い金額で受けれるかよ」

このぐらいの気構えでないと残業代目当ての負のループから抜け出ることはできません。

そうした『断業』により捻出することができた時間をぜひ自分に収益が回ってくるシステム」を作るための時間に充ててください。

始めは全く収益も上がらず、残業生活に戻る誘惑に駆られるかもしれませんが、おそらくこの時間は体感としては楽しい時間になるはずなんですよね。

もし、そこに楽しさを感じるのならその楽しさは信じてOKです。

結果を出すためのコツは『結果が出るまで辞めないこと』なので、楽しくて続けられるならその内結果が出ちゃうという単純なロジックです。

せっかく安直に稼げる『残業事業』を手放してまで始める新規事業ですから、目標金額や社会的な新しいポジションなど、結果を出すことには必ずこだわりましょう。

管理される対象がなくなり、ついついやりたい放題になってしまいがちな部分ですから、「残業を辞める」という決断をするのなら合わせて「余暇として使ってしまったらただの怠け」ということは肝に銘じておく必要があります。

まぁ、前述のとおり「30過ぎてもまだ残業代目当てって、ちょっとヤバいな…」という危機感があれば遊んでる余裕なんてなくなりますけどね。

まずは定時マン、定時ガールになることから始めよう

いきなり「自分なりの事業を始めよう」なんてのはハードル高すぎるので、まずは定時で帰ることから始めましょう。

職場によっては「定時で帰りにくい雰囲気」がすごくて、「○○先輩が帰るまでは残ろう」なんてのを目安にしちゃってる人もいるかもしれません。

まずはそこから変えましょう。

先輩がいつまでも怖いっていうのもおかしな話で、相手と同じか、それ以上のレベルで仕事してれば別に文句を言われる筋合いもないので怖くなんかないはずです。

そもそも何で上司や先輩が怖いのかというと「突っ込まれると痛い」部分を隠してビクビクしてるから怖いわけです。

仕事で必要なスキル、情報収集、アイデアや見通し、そして成果。

こういったものを仕事をしている間はすぐに取り出せる武器のように準備しておき、朝からやることやってれば周りもあなたに対して高圧的な態度で接してくるようなことはなくなります。

上司や先輩と言っても神様ではなく所詮、人間ですから向こうだって突かれたらボロが出るような部分はたくさんあるわけで、「こいつに変なこと言うとめんどくさいことになるから絡むのやめとこう」と思われれば後は楽、定時で上がったところで何も言われなくなりますよ。

こうやってまずは自分のキャラ設定を「あの人は定時で帰るのが当たり前の定時マン、定時ガール」にして24時間の中から少しでも時間という資金を捻出し、それを自分に収益が回ってくるシステムを作ることに向けると、残業代目当てに残業するという薬物依存のような状態から抜け出せますよ。